クレマン ド ブルゴーニュ Cremant de Bourgogne Brut Blanc 辛口スパークリング ワイン

ドゥメセ(Demessey)

  • ¥3,240


口当たりは軽く、まるく、きめ細やか。シャルドネのきめ細やかさとピノノ ワールの果実味とアリゴテのミネラル感がうまくマリアージュしたクレマン ・ド・ブルゴーニュ 詳しくはこちら


ブルゴーニュの様々なテロワール(土壌や気候などの自然条件)のブドウをブレンドして造られるスパークリングワインです。シャンパンとほとんど同じ伝統製法を用いて造られます。基本品種もシャンパン同様、シャルドネとピノ・ノワールから造られます。

ブルゴーニュのワインの生産量の8%だけがこのクレマン・ド・ブルゴーニュです。生産量が少なく、日本でも希少です。

クレマンのAOC(原産地統制名称)は1975年に取得されました。クレマンの名の由来は「泡が半分取り除かれたシャンパーニュ」。泡が優しく、泡の品質がより高いスパークリングワインです。一般の人が気軽に買える発泡ワイン(スパークリングワイン)としてフランスでは親しまれています。 ブルゴーニュの良質なぶどうで造られるクレマン・ド・ブルゴーニュは日本ではあまり知られていませんが、一度は味わってみたいスパークリングワインです。

  • AOCクレマン・ド・ブルゴーニュ
  • 原産国:フランス・ブルゴーニュ
  • ブドウ品種:コート・シャロネーズの3種のブドウ品種 (40 % シャルドネ,40 % ピノ・ノワール, 20 % アリゴテ) 
  • 内容量:750m、アルコール度数12度
  • 低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管
  • 2014 年ブルゴンディア・ドール( 金賞受賞酒)
  • 土壌 コートシャロネーズ 石灰粘土質
  • 色調 黄緑色に輝く金色、泡は軽く細かい
  • 香り 香りはフルーティでフローラル
「ドゥメセ」は、マコン地区のドメーヌ「シャトー・ドゥ・メセ」の所有者であったマルク・デュモンが、1995年に新たに取得したムルソー村の名門ネゴシアン「マノワール・ミュリザルティアン」と業容を統合して誕生したメゾンです。その後コート・シャロネーズ地区の「ドメーヌ・ベルヴィル」も傘下に加わり、今日32ヘクタールの自社畑を所有しています。そのワインは仏大統領官邸「エリゼ宮」の他、欧米の多数のトップレストランや、各航空会社の国際線などにもオンリストされています。また、「ベタンヌ&ドゥソーヴ」「ゴー&ミヨー」といった各種ワインガイドの常連でもあります。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

オススメ商品