シャブリChablis 2016 村名クラス ブルゴーニュ 白ワイン

ルペ・ショーレ(Lupe-Cholet)

  • ¥3,800


ルペ・ショーレのシャブリは淡黄色の結晶色。香りのノートは、熟した白い果実のような桃、素晴らしいミネラル(ガンフリント)のノートが付いています。ボディは新鮮で、素晴らしい背景と素敵な果物を持っています

シャブリ地区のYonneで生産されたぶどうを使用しています。シャブリのアペラシオンのぶどう畑はシャブリの町の周りに約20キロメートル以内に位置し、 そかなり低い斜面(5〜20%)と様々な暴露に植えられています。 土は粘土 - 石灰岩である。 堆積物の地質学的段階は上ジュラ系:「キンメルジジアン」です。 分散されたブドウは、非常に様々な場所に設置されています。

シャブリ村では機械で早くぶどうを収穫できます。この技術は、果実の皮から果汁への香気前駆体成分の抽出に有利な若干の予備発酵浸軟を可能にするために使用されます。酸化現象を避けるために輸送は速く。収穫は、緑色のブドウ(verjuice)、葉、および他のすべての不純物を除去されます。

その後すぐに圧搾され、その後、沈降が起こります:10〜18時間の間に10〜13℃に冷却される温度制御されたタンク内の自然のデカンテーションにより、不純物は不純物から分離されます。次いで、清澄なジュースをステンレススチールのバットに回収します。泥は濾過されます。ろ液は元のキュベに再配合され、より脂肪と変種のアロマがもたらされます。

その後、アルコール発酵の間、温度は約15℃〜40日以上、約18℃に維持され、ワインはそのすべての精巧さを明らかにします。マロラクティック発酵は、冬または春に発芽します。酸性度は実質的に低下し、ワインは豊かで、豊かな香りのあるパレットを使って柔軟性、身体をより多く獲得します。

繁殖ワインは発酵酒(酵母と死んだバクテリア)で6〜8ヶ月間熟成されます。リースはワインに栄養を与え、口の中でもっと太く、長さを与え、アロマでさらに複雑にします。瓶詰めの際にはラックが掛けられます。

  • コート ド ボーヌ 村名クラス(AOCコミュナル)白ワイン
  • 原産国:フランス・ブルゴーニュ
  • ブドウ品種:シャルドネ 104%
  • 内容量:750ml
  • 低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管

ルペ・ショーレ社

1903年、マヨル・ド・ルぺ(Lupe)伯爵と義理の弟ショーレ(Cholet)子爵が、4人のぶどう栽培技術ノウハウを結集し、ブルゴーニュの中心にあるニュイ・サン・ジョルジュ村(Nuits-Saint-Georges)にルペ・ショーレ社を創立しました。以来、ルぺ・ショーレ社では代々続く伝統のもと、選び抜かれた高級な品種を、細心の注意を払って醸造しています。ブルゴーニュでも歴史のあるワイナリーです。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。





オススメ商品