ピュリニ モンラッシェ Puligny-Montrachet 2017 村名クラス ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 白ワイン

ルペ・ショーレ(Lupe-Cholet)

  • ¥14,904


ルペ・ショーレのピュリニ モンラッシェは深い金色です。香りはミント、ミント、エキゾチックな果実、アンバー、ハチミツ、サンザシ、オレンジを砂糖漬けなどです。全体的に上品で肉質、バランスが取れています。12℃で召し上がって下さい。

ピュリニ モンラッシェは気高くて才気煥発な白ワインの里として、世界一高貴で複雑なシャルドネの白ワインで有名な村です。透明感のある光り輝く風や水を連想させる魅力的なワインが多く、その華やかさや上品で強いミネラルはワイン愛好家の心をとらえて放しません。

ピュイエ ・モンラッシェはムルソーから続く高級白ワインの産出するコート・デ・ブランの丘のシャサーニュ モンラッシェの隣の村です。コート・ド・ボーヌ 地区の南にあるピュイエ ・モンラッシェ  は、辛口白ワインのなかで揺るぎない王子という立場をシャッサーニュ・モンラッシェ(Chassagne-Montrachet )と分かち合っています。モンラッシェは神格化されています。広く美しい斜面に ブルゴーニュを代表する2大品種のピノノワール と シャルドネ が テロワールの複雑性を考慮され並んでいて、その真価を発揮しています。

手作業で収穫したぶどうは、加熱、雨、果実や酸化現象の粉砕を避けるために、箱のままで樽の部屋にすばやく運ばれます。必要であれば、望ましくない要素(葉、未熟ぶどう又はヴェルジュ)を除去するためにソートされます。厳全体房(空気圧プレスプレスジュースの選択)の軽度の押圧選択必需品(粗い泥のみが除去される)は、純度を保ちながら、ブドウとそのテロワールの潜在的な富を引き出すことができます。

その後木材(Tronçais、アリエ、ヴォージュ)と年齢(25〜75%の新樽)ヴィンテージとヴィンテージのニーズに適合しているオーク樽に入れています。地元の酵母によって貯蔵庫の温度で行われるアルコール発酵は、数週間行われます。

エージングワインは、伝統的に10〜16ヶ月間熟成せずに(ドラム交換なしで)老化します。それは定期的な動揺(LEEのリベート)、マロラクティック発酵(酸分解)とドラムとの交流以下、この期間円滑にその構造と複雑さの間にあります(嗅覚トレード酸化還元)。ボトリング前の軽いろ過は、獲得した調和と進化の可能性を損なうことなく育成を完了させます。
  • コート ド ボーヌ 村名クラス(AOCコミュナル)白ワイン
  • 原産国:フランス・ブルゴーニュ
  • 入数:1本
  • ブドウ品種:シャルドネ 100%
  • 内容量:750ml
  • 空輸・または低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管
ルペ・ショーレ社

1903年、マヨル・ド・ルぺ(Lupe)伯爵と義理の弟ショーレ(Cholet)子爵が、4人のぶどう栽培技術ノウハウを結集し、ブルゴーニュの中心にあるニュイ・サン・ジョルジュ村(Nuits-Saint-Georges)にルペ・ショーレ社を創立しました。以来、ルぺ・ショーレ社では代々続く伝統のもと、選び抜かれた高級な品種を、細心の注意を払って醸造しています。ブルゴーニュでも歴史のあるワイナリーです。若いワインは磨き抜かれた職人達の熟練技術により熟成され、積年の名声を誇る高級ワインを今も情熱をもって生産し続けてす。ルペ・ショーレの哲学は土壌とヴィンテージに独自の表現を見せること。とりわけワインの醸造で追求しているのは、ハーモニーとバランスで、ワインを味わうすべての人々に最大の喜びを提供するためです。ニュイ・サン・ジョルジュ村にAOCブルゴーニュのリージョンワイン、約3ヘクタールの塀に囲まれたモノポール、クロ・ド・ルペの畑を所有しています。その他コート・ドールとシャブリなどに合計約25ヘクタールの畑を所有しています。ブルゴーニュのピノノワールの赤ワイン、シャルドネの白ワインを中心に生産しています。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

オススメ商品