シャサーニュ モンラッシェ Chassagne-Montrachet Fontaine Sot 2013 村名クラス ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 白ワイン

マノワール・ミュリザルティアン

  • ¥10,230


マノワール・ミュリザルティアンのシャッサーニュ・モンラッシェは色調はつややかなしっかりとした緑色。香りはサンザシ、アカシア、スイカズラのアロマにクマツズラやヘーゼルナッツの 香りが加わります。火打石を擦ったような深いミネラルの香り、ときにトースト 、フレッシュバターの香りを感じます。豊満でアタックは印象的。口当たりは、口に含むとオイリー感がまろやかさと相乗してい る、余韻が長く続きます。

シャサーニュ モンラッシェはグラマラスな白と牧歌的な赤の里。ムルソーから続く高級白ワインの産出するコート・デ・ブランの丘の最終地の村です。なだらかな斜面の上部は白のシャルドネ、下部には赤のピノ・ノワールを植えており、赤ワインの生産が35%ほどあります。白ワインはムルソーよりオイリーではなく、白桃や黄桃のフルーティさが目立ちます。ミネラルが強く、クリーミーで丸みがある、グラマラスな白です。赤ワインはお隣のサントネに近く、しっかりしたタンニンを持つかっしりとしたフルボディでニュイ・サン・ジョルジュやポマールに似ているといわれています。

コート・ド・ボーヌ 地区の南にある シャッサーニュ・ モンラッシェ は、辛口白ワインのなかで揺るぎない王子という立場を ピュリニ・モンラッシェ(Puligny-Montrachet )と分かち合っています。モンラッシェは神格化されています。広く美しい斜面に ブルゴーニュを代表する2大品種のピノノワール と シャルドネ が テロワールの複雑性を考慮され並んでいて、その真価を発揮しています。

土壌は標高 220~325mの斜面に広がる クリマ (特別な品質をもつ区画 )によって、ジュラ紀地層の石灰質、砂利質、泥灰質、より砂質と多様。
  • コート ド ボーヌ 村名クラス(AOCコミュナル)白ワイン
  • 原産国:フランス・ブルゴーニュ
  • 入数:1本
  • ブドウ品種:シャルドネ 100%
  • 内容量:750ml
  • 低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管

マノワール・ミュリザルティアン社


理想的なムルソー(ブルゴーニュの白ワインとして有名)に位置するマノワール・ミュリザルティアンは1995年(17世紀の美しいカーヴのあるこの建物を購入した年)よりほかの有名なアペラシオンを補いさらに多くのアペラシオンを提供できるようになりました。今ではムルソー、シャサーニュ・モンラッシェの白と赤、ペルナン・ヴェルジュレスの白と赤、ヴォルネイ、ポマールからヴォ-ヌ・ロマネまで幅広くコート・ド・ボーヌとコート・ド・ニュイの白と赤を発送しています。 ドメーヌ・ベルヴィル、マノワール・ミュリザルティアンのワインを合わせ、さらに私たちの技術で豊かで複雑性のあるブルゴーニュのテロワールをレスペクトしたワインをお届けするように心がけています。最新のヴィンテージはもちろんですが、マノワール・ミュリザルティアンでは《熟成した》白もご提供しております。オールド・ヴィンテージはシャルドネの細やかさ、複雑さ、力強さがよくわかるブルゴーニュ特有のものです。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

オススメ商品