マランジュ Maranges 1級 Clos Roussots 2017 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

シロブチョ(Cyrot-Buthiau)

  • ¥5,720


新商品、2020年6月末入荷予定

ドメーヌ シロブチョのマランジュ1級 Clos Roussorts について

コートドボーヌのAOCマランジュのアペラシオンには、7つの一級クリマが認証されています。またマランジュの領域内で栽培された赤ワインは、ボーヌ ヴィラージュ Cote de Beaune-Villagesを名乗ることもあります。

村名の生産地:シェイィ レ マランジュ(Cheilly-les-Maranges)、ドゥジズ レ マランジュ(Dezize-les-Maranges)、サンピニィ レ マランジュ(Sampigny-les-Maranges)。

ソーヌ エ ロワール県にありますが、マランジュはコートドボーヌに属しています。 マランジュおよびマランジュ 1級の名称の後には、ぶどう畑の名前が続く場合があります。

主にピノノワールの赤とシャルドネの白を栽培するマランジュ地区は、コートドールとソーヌ エ ロワールの間をつないでいます。そのブドウ畑は隣接するサントネのブドウ畑と連動しており、よく考えられたクリュを共有しています。

マランジュは1988年にAOCに認定され、シェイィ レ マランジュ、ドゥジズ レ マランジュ、サンピニィ レ マランジュの3つの村をカバーしました。

周辺の田園地帯は、ブルゴーニュの作家アンリ ヴィンスノットによって愛情を込めて表現され、穏やかで温かい独自の特徴を持っています。ワインメーカーの魅力的な古風な家々は、画家の筆にぴったりです。

丘の斜面はコートドボーヌのものとは向きが異なりますが、その性質と起源は地質学的に同じであり、丘と谷のさまざまなパッチワークを構成しています。ぶどう畑はほとんど南/南西に露出しており、標高240〜400メートルにあります。

シェイィは、コザンヌの谷にあり、比較的小石の多い土壌を持っています。 サンピニィドゥジズは、サントネの南側にある褐色の石灰岩の土壌と石灰質の泥炭地にある区画名を共有しています。

ブドウは100%手摘み
発酵時間:15〜18日
ヴォージュ&アリエ オーク樽で12〜14か月熟成
珪藻土ろ過


マランジュ1級は、ラズベリーレッド、または時々より暗く、紫色に向かう、鮮やかな色を誇っています。果物が豊富な花束は、ブラックカラントの芽で、スパイスが効いた、または保存された赤い果物です。フレッシュで甘草がかった口は、コクのある味わいの肉のような土台を築きます。マランジュ1級は、3年または4年の熟成を保証するのに十分な酸性度を持っています(最高の年にはより多く)。タンニンは滑らかで温かく、溶けており、ワインの味わいは強烈です。

暖かく滑らかなタンニンの構造は、特に繊細で繊細です。したがって、その自然なパートナーは家禽と赤身の肉であり、タンニンと衝突しない、特にスパイシーなワインの味わいが活き活きとしているエキゾチックなスパイシーな料理では特にそうです。春巻き、スペアリブのグリル、ポークのバーベキューにも同じことが言えます。これらはすべて、フルーツとスパイスで爆発するワインを必要とします。サービス温度:14〜16℃。

コート ド ボーヌ 1級クラス(AOCプルミエクリュ) 赤ワイン
原産国 :フランス ブルゴーニュ
入数:1本
ブドウ品種:ピノノワール 100%
内容量:750ml
低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管

ドメーヌ シロブチョ

Domaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。



おすすめ商品