ドメーヌ シロブチョ ポマール Pommard 1級 Arvelets 2018 ブルゴーニュ コートドボーヌ 赤ワイン

シロブチョ(Cyrot-Buthiau)

  • ¥13,090


ドメーヌ シロブチョのポマール1級 Arvelets について

何世紀にもわたって、ポマールは典型的なブルゴーニュと考えられてきました。色は濃いルビーで、力強く芳香があり、しっかりしたストラクチャーです。ポマールはその名声のとおり、グラスを満たし、口を満たします。

ポマールのぶどう畑は、ボーヌとヴォルネーの間にあり、コートドボーヌはオータンの町に向かって少し曲がっています。これらの土地は、以前はブルゴーニュ公爵、シトー派修道院を含む宗教家、またはマレーモンジュ家などの古い家が所有していました。

中世の頃、ポマールはブルゴーニュワインの華と考えられていました。すべての他のワインと比較されたワインでした。ポマールは1936年に最初に指定されたAOCの1つであり、ピノノワールの赤ワインのみを栽培しています。

下層の土壌は古代の沖積層です。斜面の中央にある粘土-石灰岩の土壌は、岩屑が含まれているため、水はけがよくなっています。さらに高いのは、ジュラ紀(オックスフォード紀)の泥炭、褐色の石灰質の土壌、および褐色の石灰岩の土壌です。場所によっては、土壌が鉄の存在によって赤くなります。露出:南または東。標高:250〜330メートル。

ブドウは100%手摘み
発酵時間:15〜18日
ヴォージュ&アリエオーク樽で12〜14か月熟成
ろ過なし
ぶどう畑:Arvelets Pommard北側(ボーヌ側)

19世紀のポマールの名声は、力強くかつ精悍なワインのイメージをもたらしました。実際には、時間、テロワール、醸造方法がすべて組み合わされて、より繊細な現実、つまりよりリッチで繊細なワインが生み出されています。

その色は深みのある濃いルビー色で、藤色のハイライトがあり、Victor Hugoはそれを «昼との戦闘の夜» と呼びました。その香りは、ブラックベリー、ビルベリー、またはグーズベリー、チェリーピット、熟したプラムの香りがします。

多くの場合、野生および猫のノートは年齢とともに現れます。完全に成熟すると、革、チョコレート、コショウの傾向があります。最大限に開いて、その口いっぱいの食感、そのしっかりとした繊細な構造、その果物で満たされた口、そしてその歯ごたえのあるタンニンを表示して、それまでに適切に滑らかにする時間が必要です。

コートドボーヌのこの輝かしい代表は、その濃厚で巨大なタンニンが、煮込みまたはローストされた毛皮のようなまたは羽毛のあるゲームを楽しんでいます。厚切りのビーフステーキ、ラム、または煮込んだジビエは、しっかりとした食感のタンニンと濃縮された香りに反応します。エポワス、ラングル、スマイントレインだけでなく、コンテも熟成した風味のチーズの自然なパートナーです。サービス温度:14〜16℃。

コート ド ボーヌ 1級クラス(AOCプルミエクリュ) 赤ワイン
原産国 :フランス ブルゴーニュ
入数:1本
ブドウ品種:ピノノワール 100%
内容量:750ml
低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管

ドメーヌ シロブチョ

Domaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。


おすすめ商品