ドメーヌ シロブチョ サントネ 1級 Santenay 1級 Rousseau 2018 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

シロブチョ(Cyrot-Buthiau)

  • ¥6,490


ドメーヌ シロブチョのサントネ1級 Rousseau について

コートドボーヌの南端に位置するサントネには、水の精とワインの神の両方が住んでいます。それは、スパでもあり、ワイン生産の中心でもあります。

Santenayと隣接するRemignyのワインは、その呼び名のどの部分に由来するかによって、識別可能な違いを示します。サントネの家々とそれに関連する集落は、小グループの散らばりを形成し、丘の頂上から豪華なパノラマの景色を眺めることができます。ここの人間の職業は先史時代にさかのぼります。 Santenay AOCステータスは1937年に制定されました。

灰色の石灰岩が500メートルの高さまでの高地を占めています。 300mの線から始まる斜面を下っていくと、オウライト石灰岩、白いオライト、マール、腎臓形の石灰岩、マールの層にある下部オライトです。ブドウ畑の場所は、東と南の間の露出で理想的です。

ブドウは100%手摘み
発酵時間:15〜18日
ヴォージュ&アリエ オーク樽で12〜14か月熟成
珪藻土ろ過

色は濃いが鮮やかなブラックチェリーです。ブーケはバラの花びら、牡丹、紫、赤い果実と甘草のヒントを呼び起こします。口の中で、攻撃は深く、激しいです。しっかりした、しかし控えめなタンニンは、しなやかで、きめの細かい、しっかりした造りのボディを作ります。背中のアロマ(ビルベリーの場合が多い)と長いフィニッシュを誇ります。

しなやかで強烈なアタック、独特のフィニッシュを備えた芳香性のある食感は、子牛の煮物や牛肉などのゆっくり調理された料理にマッチするはずであり、タンニンが攻撃的ではなく構造を与えます。アジア風の艶をかけられた、またはキャラメル化された家禽は、自家製のハンバーガーと同様に、その肉のような食感を温かく歓迎します。チーズボードから:ブリードモー、ポンレヴェック、シトー、ルブロション、ブルードブレス...サービング温度:14〜16°C。

 

コート ド ボーヌ 1級クラス(AOCプルミエクリュ) 赤ワイン
原産国 :フランス ブルゴーニュ
入数:1本
ブドウ品種:ピノノワール 100%
内容量:750ml
低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管

ドメーヌ シロブチョ

Domaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。


おすすめ商品