ボーヌ Beaune 2013 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン 村名クラス

ルペ・ショーレ(Lupe-Cholet)

  • ¥5,400


ルペ・ショーレのボーヌは美しいガーネットの色合です。香りのノートは花束、黒い果実、甘い香辛料とスモーキーな側面。口蓋の上で、バランスのとれた肉厚の背景に、控えめなウッディーです。

ワインの首都ボーヌ、ぶどう畑の広さはコート・ド・ボーヌ随一。古くワインの集積地として発展してきた街です。95%が赤ワイン、そのうち一級畑が70%あります。北は厚みや固さがあり、中央部はふくよかなタイプ、南は繊細といわれています。畑はほぼ南東向きに面していて日照量が多く、熟した果実味のボリュームのある、ふっくらとした味わいの魅力的な赤ワインが産出されています。

ぶどうは収穫箱で手作業で収穫されます。収穫箱は、過熱、雨、果実の破砕を防ぐためにできるだけ早く大皿室に送られます。箱の内容物は、葉、緑色の葡萄(verjuice)を取り除くために選別テーブル上で選別されます。収穫の85〜100%は、茎のタンニンによる過度の苦味を避けるために取り除かれています。

次いで、温度調節された放射器を含む円錐形のオーク樽で発酵マセレーションを15〜20日間続けます。これにより、フレーバーおよび色の抽出に直接影響を与える発酵温度を制御することが可能になります。最後に、優しい言葉はワインの高貴さと優雅さを強調します。

繁殖20〜40%の新しいオークを使用して16ヶ月間オーク樽で熟成、様々な源からの木材の選択:Tronçais、Nevers、Vosges、Burgundyの森林。新樽で熟成させると、オークの茎の香りとタンニンがもたらされます。また、木の多孔性のおかげで、ワインの熟成を可能にする制御された酸素供給がもたらされます。熟成中、ワインは脂肪と丸みをもたらすために攪拌されます(リーズ・リース・ファイン)。瓶詰めの前にラックに入れられます。これは固着や僅かなろ過で行われ、アペラシオンの贅沢な自然を保ちます。
  • コート ド ボーヌ 村名クラス(AOCコミュナル) 赤ワイン
  • 原産国:フランス・ブルゴーニュ
  • ブドウ品種:ピノ・ノワール 100%
  • 内容量:750ml
  • 低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管
ルペ・ショーレ社

1903年、マヨル・ド・ルぺ(Lupe)伯爵と義理の弟ショーレ(Cholet)子爵が、4人のぶどう栽培技術ノウハウを結集し、ブルゴーニュの中心にあるニュイ・サン・ジョルジュ村(Nuits-Saint-Georges)にルペ・ショーレ社を創立しました。以来、ルぺ・ショーレ社では代々続く伝統のもと、選び抜かれた高級な品種を、細心の注意を払って醸造しています。ブルゴーニュでも歴史のあるワイナリーです。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

オススメ商品