ルペショーレ サンロマン Saint Romain 2017 ブルゴーニュ コートドボーヌ 赤ワイン

ルペショーレ(Lupe-Cholet)

  • ¥4,840


ルペショーレのサンロマン赤は非常にきれいなルビー色です。エレガントで風通しのよい繊細な果実味の香りと時間が経過すると動物系の香りに変ります。ボリュームのある美しいストラクチャーとフルーティなアロマの持続性があります。

サンロマン村はボーヌの南西に位置する標高の高い小さな村で、崖の下にある谷(コンブ、背斜谷)の底にあります。土壌はマールの褐色の石灰質の褐色で、部分的にはジュラ紀地層の上の部分的にリアスがあります。


ぶどうは収穫箱で手作業で収穫されます。収穫箱は、過熱、雨、果実の破砕を防ぐためにできるだけ早く大皿室に送られます。収穫箱から、葉、緑色のぶどうを取り除くために選別テーブルの上で選別されます。

次いで、温度調節された放射器を含む円錐形のオーク樽で発酵マセレーションを20〜28日間続けます。

温度制御により、ワインは2段階で機能します。最初の段階では、ピノノワールの果実を10〜14°Cで表現します。 20から30°Cの間で体とタンニンを処理する2番目毎日のピジャージュは、浸軟と抽出の段階に合わせて調整されます。デバッティング中、プレスに特別な注意が払われます。低圧で生産され、最も質の高いタンニンのみを抽出するためにテイスティングによって導かれます。

繁殖25%の新樽オークを使用して14~16ヶ月間オーク樽で熟成、様々な起源からの樽の木材の選択:Tronçais、Nevers、Vosges、Burgundyの森林。新樽で熟成させると、オークの茎の香りとタンニンがもたらされます。また、木の多孔性のおかげで、ワインの熟成を可能にする制御された酸素供給がもたらされます。熟成中、ワインは脂肪と丸みをもたらすために攪拌されます(リーズ・リース・ファイン)。瓶詰めの前にラックに入れられます。これは固着や僅かなろ過で行われ、アペラシオンの贅沢な自然を保ちます。



コート ド ボーヌ 村名クラス(AOCコミュナル) 赤ワイン
原産国:フランス ブルゴーニュ
ブドウ品種:ピノノワール 100%
内容量:750ml
空輸、または低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管

ルペショーレ社

1903年、マヨル ド ルぺ(Lupe)伯爵と義理の弟ショーレ(Cholet)子爵が、4人のぶどう栽培技術ノウハウを結集し、ブルゴーニュの中心にあるニュイサンジョルジュ村(Nuits-Saint-Georges)にルペショーレ社を創立しました。以来、ルぺショーレ社では代々続く伝統のもと、選び抜かれた高級な品種を、細心の注意を払って醸造しています。ブルゴーニュでも歴史のあるワイナリーです。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

おすすめ商品