ヴォルネ Volnay 2017 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン 村名クラス

シロブチョ(Cyrot-Buthiau)

  • ¥9,020


新商品、2020年6月末入荷予定

ドメーヌ シロブチョのヴォルネについて

コートドボーヌの高いシャニョーノの丘に建つヴォルネは、ブドウの木にもっと空間を与えるかのように、狭く急な傾斜の場所を占めています。丘自体はブルゴーニュの一般的な畑とは少し向きが異なるため、ブドウの木は東ではなく南東に面しています。

これらのブドウ畑は何世紀にもわたって評価され、愛用されてきました。革命のずっと前から、ヴォルネイの収穫はマルタの騎士団、サンタンドーシュ オータン修道院とマジエール修道院、またはブルゴーニュ公爵とその後継者であるフランス国王の下に届けられました。

この赤いピノノワールワインの典型性は、18世紀には早くも修正されました。 1937年にアペラシオンの統制が設定されました。ヴォルネのアペラシオンは、近隣のムルソーでピノノワールのブドウに適した地面で栽培されたヴォルネ サントノと結びついています。

ウーライト質の石灰岩は、モルヴァン地区にある赤みを帯びた火成岩(斑岩)と表面的に類似しています。それは淡い緑色の介在物と片岩の土手によって覆われたピンクの色です。斜面の上部では、この石灰岩が優勢です。下を見ると、白いチョークのような質感のアルゴビアン石灰岩があります。さらに低いのは、赤みを帯びたバソニアン石灰岩で、小石と鉄質です。斜面のふもとの土壌はより深く、砂利が多い土壌です。標高は230〜280メートル。

ブドウは100%手摘み
発酵時間:15〜18日
ヴォージュ&アリエ のオーク樽で12〜14か月熟成
ろ過なし

繊細さ、樹液、花束で賞賛されるヴォルネは、常に最もフェミニンなブルゴーニュと考えられてきました。一部のテロワールはこの判断をより力強く筋肉質のバージョンで修正しますが、コートドボーヌの赤ワインの中でも、キスの口紅の跡のように際立っています。

明るいルビー色から明るいガーネット色まで、色はさまざまです。その香りはすみれ、グーズベリー、チェリー、そして-年齢とともに-スパイス、狩猟肉、調理済みプルーンです。それは即時の魅力を持ち、それはわずかな自然の早熟さに加えて、それがまだ比較的若い間に完全に開くことができることを意味します。アタックはフレッシュで、フィニッシュは暖かい。このワインを飲むと、新鮮な果物に食い込み、その強烈な香りに息を吹き込みます。

そのビロードのような女性らしさは、その素晴らしい芳香の強さと調和しています。これは、辛抱強くローストされ、艶をかけられた洗練された家禽料理の運命のパートナーとなり、ワインの果実とスパイスの香りを浴びることができます。

特にPremiers Crusの場合は、煮込みまたはゆっくり煮込んだ、または単にローストした、羽毛のあるゲームが適しています。ドメーヌでは、この素晴らしいワイン作品の豪華さと肉質の質感は驚異的です。もっと冒険したいなら、クスクスやタジンに肉や家禽、あるいはその両方を伴うかもしれません。 Volnayの強烈さは、明確に風味付けされたチーズとブレンドすることを可能にします。サービス温度:14〜16℃。

コート ド ボーヌ 村名クラス(AOCコミュナル) 赤ワイン
原産国:フランス ブルゴーニュ
入数:1本
ブドウ品種:ピノノワール 100%
内容量:750ml
低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管

ドメーヌ シロブチョ

Domaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。


おすすめ商品