マルセルクチュリエ サンヴェラン Saint-Veran la cour des bois 2018 村名クラス ブルゴーニュ マコネ 白ワイン

マルセルクチュリエ(Marcel Couturier)

  • ¥3,300


マルセルクチュリエのサン ヴェランは反射のあるゴールド色です。 香りのノートは、フルーティで、ピスタチオ、サンザシ、レモン、ハチミツの複雑さに驚き、アカシア、桃の香りがします。ミネラルを感じます。

テイスティングコメント
(ソムリエ・ワインディレクター 田邉 公一 氏によるコメント)

外観は、澄んだ、艶と輝きのある、わずかに黄金色を帯びたやや濃いめのイエロー。

香りの第一印象は、さまざまな香りの要素を感じる。黄色リンゴ、洋梨、カリンなどの、よく熟した黄色いフルーツ、アカシアの華やかな香り、樽由来の炒ったアーモンド、トーストの香ばしい香りが感じられる。バターやヨーグルトのニュアンス、貝殻、石灰のようなミネラル香も充分に感じられる。

味わいは、アタックにジューシーな果実の豊かさが広がり、まろやかさと旨味が感じられ、酸味はなめらかで美しく、アフターまで伸びがある。心地よい塩味と苦味が口全体に広がっていき、アフターフレーヴァーに熟したフルーツと香ばしいナッツのニュアンス、そしてミネラルの要素が充分に感じられ、余韻は長い。

サービス 〜グラス、温度〜

グラスは、中庸のオーク ド シャルドネのグラスで、芳醇で豊かな香りと味わいを楽しみたい。
飲用温度は、まろやかさを活かすために、やや高めの11〜14度程度が望ましい。

相性の良い料理

・ソーセージの盛り合わせ
・ローストチキン ホワイトマッシュルームのスライスを添えて
・白身魚のムニエル
・鰆の西京焼き

サン ヴェランのぶどう畑はブルゴーニュの南部マコン村近くにあります。褐色の土壌は、ソリュトレとヴェルギッソンの岩の南側と東側の斜面にある石灰岩です。

ぶどう畑は年に5回耕し、収穫は完熟時にすべて手摘で行います。果汁は、デブルバージュ(固形物の沈殿)を行ったらすぐに樽に移します。発行は平均4年使用したフランス産オーク樽にて最低11カ月、アロマティック発酵は春に行います。

バイヤーテイスティングコメント

白子ポン酢を合わせて。クリーミーな白子とミネラルたっぷりのワインに合いました。白いお花の香りがたくさん。

ドメーヌマルセルクチュリエ-サンベラン

 

  • マコネ村名クラス(AOCコミュナル)白ワイン
  • 原産国:フランス・ブルゴーニュ
  • 入数:1本  内容量:750ml
  • ブドウ品種:シャルドネ 100%
  • 低温輸送リーファーコンテナにて輸入

ドメーヌ マルセルクチュリエ

マルセル クチュリエは叔父で栽培家であるルネ ぺトランの傍らで栽培と醸造を学び、2005年、48歳の時にゼロから自身のドメーヌを立ち上げました。現在マコネ地区で11.5haを栽培しています。ぶどう畑はビオロジック農法(有機農法、除草剤の不使用、植物肥料の使用)を行い、2021年には正式に認定される予定です。ぶどう畑は年に5回耕し、収穫は完熟時にすべて手摘で行います。果汁は、デブルバージュ(固形物の沈殿)を行ったらすぐに樽に移します。発行は平均4年使用したフランス産オーク樽にて最低11カ月、アロマティック発酵は春に行います。

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。


おすすめの関連商品