カテゴリー別商品

Home & Kitchenがお取扱するすべての商品ページです。
左側のカテゴリーをクリックすると商品情報を絞り込むことができます。


入荷待ち
ドメーヌシロブチョ ポマール Pommard 2016 ブルゴーニュ コートドボーヌ 赤ワイン 村名クラス 【送料無料】

ドメーヌシロブチョ ポマール Pommard 2016 ブルゴーニュ コートドボーヌ 赤ワイン 村名クラス 【送料無料】

ドメーヌ シロブチョのポマールについて何世紀にもわたって、ポマールは典型的なブルゴーニュと考えられてきました。色は濃いルビーで、力強く芳香があり、しっかりしたストラクチャーです。ポマールはその名声のとおり、グラスを満たし、口を満たします。ポマールのぶどう畑は、ボーヌとヴォルネーの間にあり、コートドボーヌはオータンの町に向かって少し曲がっています。これらの土地は、以前はブルゴーニュ公爵、シトー派修道院を含む宗教家、またはマレーモンジュ家などの古い家が所有していました。中世の頃、ポマールはブルゴーニュワインの華と考えられていました。すべての他のワインと比較されたワインでした。ポマールは1936年に最初に指定されたAOCの1つであり、ピノノワールの赤ワインのみを栽培しています。下層の土壌は古代の沖積層です。斜面の中央にある粘土-石灰岩の土壌は、岩屑が含まれているため、水はけがよくなっています。さらに高いのは、ジュラ紀(オックスフォード紀)の泥炭、褐色の石灰質の土壌、および褐色の石灰岩の土壌です。場所によっては、土壌が鉄の存在によって赤くなります。露出:南または東。標高:250〜330メートル。ブドウは100%手摘み発酵時間:15〜18日ヴォージュ&アリエオーク樽で12〜14か月熟成ろ過なし19世紀のポマールの名声は、力強くかつ精悍なワインのイメージをもたらしました。実際には、時間、テロワール、醸造方法がすべて組み合わされて、より繊細な現実、つまりよりリッチで繊細なワインが生み出されています。その色は深みのある濃いルビー色で、藤色のハイライトがあり、Victor Hugoはそれを «昼との戦闘の夜» と呼びました。その香りは、ブラックベリー、ビルベリー、またはグーズベリー、チェリーピット、熟したプラムの香りがします。多くの場合、野生および猫のノートは年齢とともに現れます。完全に成熟すると、革、チョコレート、コショウの傾向があります。最大限に開いて、その口いっぱいの食感、そのしっかりとした繊細な構造、その果物で満たされた口、そしてその歯ごたえのあるタンニンを表示して、それまでに適切に滑らかにする時間が必要です。 コートドボーヌのこの輝かしい代表は、その濃厚で巨大なタンニンが、煮込みまたはローストされた毛皮のようなまたは羽毛のあるゲームを楽しんでいます。厚切りのビーフステーキ、ラム、または煮込んだジビエは、しっかりとした食感のタンニンと濃縮された香りに反応します。エポワス、ラングル、スマイントレインだけでなく、コンテも熟成した風味のチーズの自然なパートナーです。サービス温度:14〜16℃。 バイヤーテイスティングコメントラズベリー の香り、ちょっとスパイシーさも感じました。飲み頃はあと2年くらいでしょうか?仔羊のポワレ エストラゴンソースを合わせて。仔羊に負けない強さ、ぴったりでした。   コート ド ボーヌ 村名クラス(AOCコミュナル) 赤ワイン原産国:フランス ブルゴーニュ入数:1本ブドウ品種:ピノノワール 100%内容量:750ml低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管 ポマールについてのブログはこちら▶ドメーヌ シロブチョDomaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。*20歳未満の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

通常価格 ¥9,020

ドメーヌシロブチョ サントネ 1級 Santenay 1級 Rousseau 2018 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

ドメーヌシロブチョ サントネ 1級 Santenay 1級 Rousseau 2018 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

ドメーヌ シロブチョのサントネ1級 Rousseau について コートドボーヌの南端に位置するサントネには、水の精とワインの神の両方が住んでいます。それは、スパでもあり、ワイン生産の中心でもあります。 Santenayと隣接するRemignyのワインは、その呼び名のどの部分に由来するかによって、識別可能な違いを示します。サントネの家々とそれに関連する集落は、小グループの散らばりを形成し、丘の頂上から豪華なパノラマの景色を眺めることができます。ここの人間の職業は先史時代にさかのぼります。 Santenay AOCステータスは1937年に制定されました。灰色の石灰岩が500メートルの高さまでの高地を占めています。 300mの線から始まる斜面を下っていくと、オウライト石灰岩、白いオライト、マール、腎臓形の石灰岩、マールの層にある下部オライトです。ブドウ畑の場所は、東と南の間の露出で理想的です。ブドウは100%手摘み発酵時間:15〜18日ヴォージュ&アリエ オーク樽で12〜14か月熟成珪藻土ろ過色は濃いが鮮やかなブラックチェリーです。ブーケはバラの花びら、牡丹、紫、赤い果実と甘草のヒントを呼び起こします。口の中で、攻撃は深く、激しいです。しっかりした、しかし控えめなタンニンは、しなやかで、きめの細かい、しっかりした造りのボディを作ります。背中のアロマ(ビルベリーの場合が多い)と長いフィニッシュを誇ります。 しなやかで強烈なアタック、独特のフィニッシュを備えた芳香性のある食感は、子牛の煮物や牛肉などのゆっくり調理された料理にマッチするはずであり、タンニンが攻撃的ではなく構造を与えます。アジア風の艶をかけられた、またはキャラメル化された家禽は、自家製のハンバーガーと同様に、その肉のような食感を温かく歓迎します。チーズボードから:ブリードモー、ポンレヴェック、シトー、ルブロション、ブルードブレス...サービング温度:14〜16°C。  バイヤーテイスティングコメント ドメーヌシロブチョのサントネ1級に茨城のA5和牛ステーキ を合わせて。2019ヴィンテージのテイスティング。早飲みタイプで作られて、飲みやすく、程よいタンニンがありました。和牛ステーキにぴったり。 コート ド ボーヌ 1級クラス(AOCプルミエクリュ) 赤ワイン原産国 :フランス ブルゴーニュ入数:1本ブドウ品種:ピノノワール 100%内容量:750ml低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管 サントネについてのブログはこちら▶ドメーヌ シロブチョDomaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。*20歳未満の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

通常価格 ¥7,370

入荷待ち
ドメーヌシロブチョ ポマール Pommard 1級 Arvelets 2018 ブルゴーニュ コートドボーヌ 赤ワイン 【送料無料】

ドメーヌシロブチョ ポマール Pommard 1級 Arvelets 2018 ブルゴーニュ コートドボーヌ 赤ワイン 【送料無料】

ドメーヌ シロブチョのポマール1級 Arvelets について何世紀にもわたって、ポマールは典型的なブルゴーニュと考えられてきました。色は濃いルビーで、力強く芳香があり、しっかりしたストラクチャーです。ポマールはその名声のとおり、グラスを満たし、口を満たします。ポマールのぶどう畑は、ボーヌとヴォルネーの間にあり、コートドボーヌはオータンの町に向かって少し曲がっています。これらの土地は、以前はブルゴーニュ公爵、シトー派修道院を含む宗教家、またはマレーモンジュ家などの古い家が所有していました。中世の頃、ポマールはブルゴーニュワインの華と考えられていました。すべての他のワインと比較されたワインでした。ポマールは1936年に最初に指定されたAOCの1つであり、ピノノワールの赤ワインのみを栽培しています。下層の土壌は古代の沖積層です。斜面の中央にある粘土-石灰岩の土壌は、岩屑が含まれているため、水はけがよくなっています。さらに高いのは、ジュラ紀(オックスフォード紀)の泥炭、褐色の石灰質の土壌、および褐色の石灰岩の土壌です。場所によっては、土壌が鉄の存在によって赤くなります。露出:南または東。標高:250〜330メートル。ブドウは100%手摘み発酵時間:15〜18日ヴォージュ&アリエオーク樽で12〜14か月熟成ろ過なしぶどう畑:Arvelets Pommard北側(ボーヌ側)19世紀のポマールの名声は、力強くかつ精悍なワインのイメージをもたらしました。実際には、時間、テロワール、醸造方法がすべて組み合わされて、より繊細な現実、つまりよりリッチで繊細なワインが生み出されています。その色は深みのある濃いルビー色で、藤色のハイライトがあり、Victor Hugoはそれを «昼との戦闘の夜» と呼びました。その香りは、ブラックベリー、ビルベリー、またはグーズベリー、チェリーピット、熟したプラムの香りがします。多くの場合、野生および猫のノートは年齢とともに現れます。完全に成熟すると、革、チョコレート、コショウの傾向があります。最大限に開いて、その口いっぱいの食感、そのしっかりとした繊細な構造、その果物で満たされた口、そしてその歯ごたえのあるタンニンを表示して、それまでに適切に滑らかにする時間が必要です。 コートドボーヌのこの輝かしい代表は、その濃厚で巨大なタンニンが、煮込みまたはローストされた毛皮のようなまたは羽毛のあるゲームを楽しんでいます。厚切りのビーフステーキ、ラム、または煮込んだジビエは、しっかりとした食感のタンニンと濃縮された香りに反応します。エポワス、ラングル、スマイントレインだけでなく、コンテも熟成した風味のチーズの自然なパートナーです。サービス温度:14〜16℃。 バイヤーテイスティングコメントドメーヌシロブチョのポマール一級に仔羊肉のポワレ、エストラゴン風味を合わせて。2018年ヴィンテージとまだ若く一級としては飲むのがもったいないワインでした。濃いルビー色、しっかりしたタンニンと黒い果実の香りがラムに合いました。2021.7月に再度テイステイング、今回は熟成が進んで、タンニンが溶け込んで滑らかでした。上品な黒い果実の香り。まだまだ熟成しそうです。   コート ド ボーヌ 1級クラス(AOCプルミエクリュ) 赤ワイン原産国 :フランス ブルゴーニュ入数:1本ブドウ品種:ピノノワール 100%内容量:750ml低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管 ポマールについてのブログはこちら▶ドメーヌ シロブチョDomaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。*20歳未満の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

通常価格 ¥13,090

ドメーヌシロブチョ クレマン ド ブルゴーニュ Cremant de Bourgogne Blanc de Noir 辛口スパークリング ワイン

ドメーヌシロブチョ クレマン ド ブルゴーニュ Cremant de Bourgogne Blanc de Noir 辛口スパークリング ワイン

口当たりは軽く、まるく、きめ細やか。シピノノ ワールの果実味を感じられるクレマン ・ド・ブルゴーニュ 詳しくはこちら 通常はブルゴーニュの様々なテロワール(土壌や気候などの自然条件)のブドウをブレンドして造られるところ、コートドボーヌのピノノワールのみで造られたスパークリングワインです。ブランドノワールです。シャンパンとほとんど同じ伝統製法を用いて造られます。ブルゴーニュのワインの生産量の8%だけがこのクレマン・ド・ブルゴーニュです。生産量が少なく、日本でも希少です。クレマンのAOC(原産地統制名称)は1975年に取得されました。クレマンの名の由来は「泡が半分取り除かれたシャンパーニュ」。泡が優しく、泡の品質がより高いスパークリングワインです。一般の人が気軽に買える発泡ワイン(スパークリングワイン)としてフランスでは親しまれています。 ブルゴーニュの良質なぶどうで造られるクレマン・ド・ブルゴーニュは日本ではあまり知られていませんが、一度は味わってみたいスパークリングワインです。 バイヤーテイスティングコメントドメーヌシロブチョのクレマンドブルゴーニュに生牡蠣のジュレを合わせて。ジュレに生牡蠣のエキスがたっぷりで、下にひいた野菜も生牡蠣にぴったり。手間がかかりますが、クレマンに合ってて、美味しい AOCクレマン・ド・ブルゴーニュ 原産国:フランス・ブルゴーニュ ブドウ品種:コートドボーヌのピノノワール 100%  内容量:750m 低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管 ドメーヌ シロブチョ Domaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。 *20歳未満の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

通常価格 ¥3,960

ドメーヌシロブチョ ヴォルネ Volnay 2018 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン 村名クラス 【送料無料】

ドメーヌシロブチョ ヴォルネ Volnay 2018 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン 村名クラス 【送料無料】

コートドボーヌの高いシャニョーノの丘に建つヴォルネは、ブドウの木にもっと空間を与えるかのように、狭く急な傾斜の場所を占めています。丘自体はブルゴーニュの一般的な畑とは少し向きが異なるため、ブドウの木は東ではなく南東に面しています。これらのブドウ畑は何世紀にもわたって評価され、愛用されてきました。革命のずっと前から、ヴォルネイの収穫はマルタの騎士団、サンタンドーシュ オータン修道院とマジエール修道院、またはブルゴーニュ公爵とその後継者であるフランス国王の下に届けられました。この赤いピノノワールワインの典型性は、18世紀には早くも修正されました。 1937年にアペラシオンの統制が設定されました。ヴォルネのアペラシオンは、近隣のムルソーでピノノワールのブドウに適した地面で栽培されたヴォルネ サントノと結びついています。 ウーライト質の石灰岩は、モルヴァン地区にある赤みを帯びた火成岩(斑岩)と表面的に類似しています。それは淡い緑色の介在物と片岩の土手によって覆われたピンクの色です。斜面の上部では、この石灰岩が優勢です。下を見ると、白いチョークのような質感のアルゴビアン石灰岩があります。さらに低いのは、赤みを帯びたバソニアン石灰岩で、小石と鉄質です。斜面のふもとの土壌はより深く、砂利が多い土壌です。標高は230〜280メートル。ブドウは100%手摘み発酵時間:15〜18日ヴォージュ&アリエ のオーク樽で12〜14か月熟成ろ過なし繊細さ、樹液、花束で賞賛されるヴォルネは、常に最もフェミニンなブルゴーニュと考えられてきました。一部のテロワールはこの判断をより力強く筋肉質のバージョンで修正しますが、コートドボーヌの赤ワインの中でも、キスの口紅の跡のように際立っています。明るいルビー色から明るいガーネット色まで、色はさまざまです。その香りはすみれ、グーズベリー、チェリー、そして-年齢とともに-スパイス、狩猟肉、調理済みプルーンです。それは即時の魅力を持ち、それはわずかな自然の早熟さに加えて、それがまだ比較的若い間に完全に開くことができることを意味します。アタックはフレッシュで、フィニッシュは暖かい。このワインを飲むと、新鮮な果物に食い込み、その強烈な香りに息を吹き込みます。 そのビロードのような女性らしさは、その素晴らしい芳香の強さと調和しています。これは、辛抱強くローストされ、艶をかけられた洗練された家禽料理の運命のパートナーとなり、ワインの果実とスパイスの香りを浴びることができます。特にPremiers Crusの場合は、煮込みまたはゆっくり煮込んだ、または単にローストした、羽毛のあるゲームが適しています。ドメーヌでは、この素晴らしいワイン作品の豪華さと肉質の質感は驚異的です。もっと冒険したいなら、クスクスやタジンに肉や家禽、あるいはその両方を伴うかもしれません。 Volnayの強烈さは、明確に風味付けされたチーズとブレンドすることを可能にします。サービス温度:14〜16℃。 バイヤーテイスティングコメントラムのステーキにドメーヌシロブチョのヴォルネを合わせて。綺麗なルビー色がシロブチョらしい。時間と共に少しスパイシーを感じました。肉厚でラムに合いました。   コート ド ボーヌ 村名クラス(AOCコミュナル) 赤ワイン原産国:フランス ブルゴーニュ入数:1本ブドウ品種:ピノノワール 100%内容量:750ml低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管 ヴォルネについてのブログはこちら▶ドメーヌ シロブチョDomaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマールで、20世紀初頭(1920年代)に、有名なシャトー ポマール、その後モレサンドニの特級畑クロドタールの不動産管理者であったポールジョセフ シロによって設立されました。自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法で約8haのブドウ畑でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。エレガントでフルーティーな良質の熟成ワインをつくるために、醸造には細心の注意を払っています。*20歳未満の飲酒は禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

通常価格 ¥9,020

ドメーヌシロブチョ ブルゴーニュ ピノノワール Bourgogne Pinot Noir 2020 地方名クラス 赤ワイン

ドメーヌシロブチョ ブルゴーニュ ピノノワール Bourgogne Pinot Noir 2020 地方名クラス 赤ワイン

ドメーヌ シロブチョのブルゴーニュ ピノノワールについて ブルゴーニュの赤ワインは、1375年までさかのぼることができます。ぶどう種ピノノワールに由来し、ブルゴーニュのすべての素晴らしい赤ワインを生み出しています。繊細で高く評価されており、成長期の世話には注意が必要です。名称はブルゴーニュピノノワールで、1937年にAOCが創立され、ブルゴーニュのワイン生産地全体で299のコミューンで栽培されています。豊かさのイメージを呼び起こし、赤ワインの世界をさらに探索するための素晴らしい出発点になります。 シロブチョのブルゴーニュ ピノノワールは、ポマールのクロ デュ シャトードポマールの近くで栽培されます。AOCポマールはほんの数十メートルしか離れていません。ブドウ畑は丘のふもとにあります。土壌は、オウライト石灰岩、白いオライト、マール、腎臓形の石灰岩、およびマールの層にある下部オライトで構成されています。戦前はAOCポマールの区画だったぶどう畑シロブチョのブルゴーニュ ピノノワールのブドウ畑は、第二次世界大戦前はAOCポマールに分類されていました。当時はポマールとブルゴーニュの間の境界がはっきり決まっていませんでした。1937年、国立アペラシオン国立研究所(INAO)が設立され、ぶどう区画の修正が始まり、ポマールは、幹線道路(Route Nationale n°74)がAOCポマールの限界になることが決まりました。その結果、シロブチョの所有していた区画(幹線道路の外側)がAOCブルゴーニュ ピノノワールになってしまいました。地図にあるようにシロブチョのブルゴーニュ ピノノワールは、ポマールのクロ デュ シャトードポマールの近くで、AOCポマールはほんの数十メートルしか離れていません。私たちの祖父であるアンドレは、RN74の下にあるブドウ園のためにアペレーションポマールを失いました。もちろん、彼はひどく失望しましたが、今、この決定は十分に受け入れられています。確かに、土壌が少し薄すぎて深いポマールを作ることができないようです。しかし、ブルゴーニュ ピノノワールを生産するために、それは完全に適合されています。さらに、RN74はブドウ園よりも高いため、雨水は道路の反対側(ポマード側)に留まります。したがって、私たちのブドウ畑は非常に乾燥しており、成熟した状態が理想的です。 ブドウは100%手摘み発酵時間:12〜15日50%はヴォージュ&アリエ のオーク樽で11〜13か月熟成、残りの50%はステンレスタンクの発酵珪藻土ろ過 私たちのブルゴーニュは豊かに色づいていきます。最初は真紅で、年齢とともに、暗いルビーに向かって日陰になります。鼻には、最初に小さな赤と黒の果物(イチゴ、チェリー、ブラックカラント、ビルベリー)のバスケットが入っており、後に調理済みのプルーン、胡椒の香り、動物、アンダーブラシ、コケ、キノコの香りに進化します。口の中で生き生きとしていて、まろやかでしなやかな骨格を持っています。タンニンとフルーツは密接に関係し、その歯ごたえは二次的なアロマの力と一致します。このワインはボリュームと肉があります-つまり、それはワインの香りです。 ブルゴーニュ ピノノワールは、エレガントで洗練された特徴と、口の中で軽く滑らかな構造を持っています。したがって、それはある程度芳香族であるかなり繊細な料理に合います-野菜サラダ、肉または家禽のタルト、または牛肉と野菜の煮物(ポトフ)。さらに、その繊細さは魚と赤ワインが好きな人に最適です。その自然な優雅さは、子牛肉、冷たいタブーレ、またはゴーダのようなハードチーズに素因を与えます。サービング温度:若いワインは12〜14°C、古いワインは14〜16°C。 バイヤーテイスティングコメント豚肉のリエットとアボカドを合わせて。ブルゴーニュピノノワールとは思えない、強いストラクチャー。赤と黒の果実の香り。さすがポマール村のピノノワールです。コスパよく、おすすめ。 ブルゴーニュ 地方名クラス(AOCレジョナル) 赤ワイン原産国:フランス ブルゴーニュブドウ品種:ピノノワール 100%内容量:750ml低温輸送リーファーコンテナにて輸入、ワイン専用の定温倉庫で保管 ドメーヌ シロブチョDomaine Cyrot-Buthiauは、ブルゴーニュ...

通常価格 ¥5,500

ドメーヌシロブチョ マランジュ Maranges 1級 Clos Roussots 2020 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

ドメーヌシロブチョ マランジュ Maranges 1級 Clos Roussots 2020 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

ドメーヌ シロブチョのマランジュ1級 Clos Roussorts についてコートドボーヌのAOCマランジュのアペラシオンには、7つの一級クリマが認証されています。またマランジュの領域内で栽培された赤ワインは、ボーヌ ヴィラージュ Cote de Beaune-Villagesを名乗ることもあります。村名の生産地:シェイィ レ マランジュ(Cheilly-les-Maranges)、ドゥジズ レ マランジュ(Dezize-les-Maranges)、サンピニィ レ マランジュ(Sampigny-les-Maranges)。ソーヌ エ ロワール県にありますが、マランジュはコートドボーヌに属しています。 マランジュおよびマランジュ 1級の名称の後には、ぶどう畑の名前が続く場合があります。 主にピノノワールの赤とシャルドネの白を栽培するマランジュ地区は、コートドールとソーヌ エ ロワールの間をつないでいます。そのブドウ畑は隣接するサントネのブドウ畑と連動しており、よく考えられたクリュを共有しています。マランジュは1988年にAOCに認定され、シェイィ レ マランジュ、ドゥジズ レ マランジュ、サンピニィ レ マランジュの3つの村をカバーしました。周辺の田園地帯は、ブルゴーニュの作家アンリ ヴィンスノットによって愛情を込めて表現され、穏やかで温かい独自の特徴を持っています。ワインメーカーの魅力的な古風な家々は、画家の筆にぴったりです。 丘の斜面はコートドボーヌのものとは向きが異なりますが、その性質と起源は地質学的に同じであり、丘と谷のさまざまなパッチワークを構成しています。ぶどう畑はほとんど南/南西に露出しており、標高240〜400メートルにあります。シェイィは、コザンヌの谷にあり、比較的小石の多い土壌を持っています。 サンピニィとドゥジズは、サントネの南側にある褐色の石灰岩の土壌と石灰質の泥炭地にある区画名を共有しています。 ブドウは100%手摘み発酵時間:15〜18日ヴォージュ&アリエ...

通常価格 ¥7,370